キレイモ(KIREIMO)の脱毛はあの冷たいジェルを使わないから快適に施術を受けられる!

脱毛サロン「キレイモ(KIREIMO)」の特徴の一つとしてよく挙げられるのが「冷たいジェルを使わない」という点です。
これが意外なほど好評で、キレイモ(KIREIMO)の人気を押し上げる理由にもなっています。
冷たいジェルを使用しないことで、どれくらい快適な施術になっているのかご存知でしょうか?

あの冷たいジェルはなぜ必要?

近年の光脱毛はコスト面でとても優れていますが、肌表面の発熱からは避けられません。
発熱から肌を守り、光脱毛の効率を良くするために通常はひんやりとしたジェルを脱毛箇所に塗ることになるのですが、これが意外なほど不快だと利用者の間で言われています。

脱毛といえば「痛み」が気になるという方が多いのですが、冷たいジェルとの戦いも覚悟しなければならないのです。
このジェルは使用直前まで冷蔵庫で冷やされていますので、お尻などの鈍感な部分ならばともかく、ワキやお腹などに塗るのは大変なのです。

塗ったら塗ったで、エアコンの風に触れることでひんやり冷たくなります。
施術中は上から服を羽織ることも難しいため、長時間になる全身の脱毛となれば不快感との戦いなのです。

キレイモ(KIREIMO)だと冷たいジェルが不要!

キレイモ(KIREIMO)の脱毛器には、肌に当てる面に冷却装置がそのまま付いています。
この冷却装置はもちろん冷たいのですが、ジェルを塗る場合に比べてほんの一瞬で済んでしまいます。

しかしキレイモ(KIREIMO)なら冷たいジェルを使わないため、脱毛でぶつかってしまう問題の一つが解決済みなのです。
全身脱毛は数年間続けることになるため、このようなストレスの一つひとつを解消していくことは、とても重要なのです。

脱毛再開もキレイモ(KIREIMO)がオススメです

施術中はずっと冷たく、また脱毛が終わったあとも拭き取りが甘ければ下着や裏地にまでジェルが付いてしまうことだってあります。

そのような不快感があったために脱毛を中断していた方は、ぜひキレイモ(KIREIMO)で再挑戦してみましょう。
キレイモ(KIREIMO)では中断していた人向けに「脱毛再開プラン」があり、初挑戦する方よりも安く脱毛を始めることができる場合があります。

[最終更新日]2016/05/13

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ