キレイモ(KIREIMO)で遅刻したりキャンセルしたいときの対応

どの脱毛サロンでも予約制となっており、キレイモ(KIREIMO)でもそれは同じです。

しかし遅刻やキャンセルの扱いには、それぞれの店舗で若干の違いがあります。
キレイモ(KIREIMO)での遅刻と、急な予約変更やキャンセルについてこちらでお知らせします。

キレイモ(KIREIMO)で予約していた時間に間に合わない場合

脱毛する場合は化粧落としなどが必要な場合があるため、予約している時間よりも少し早めに到着できるように出発するようにしましょう。
それでもやむを得ず遅れてしまった場合、それがわかった時点でお店に連絡を入れましょう。

キレイモ(KIREIMO)は他店と比べて予約が取りやすいことで知られてはいますが、さすがに当日ともなれば開店から閉店の時間まで目一杯埋まっていることも珍しくはありません。
ほんの10分の遅れが出てしまうことで、その後の施術すべてに影響することもあるのです。

場合によっては、遅刻することでその日の施術ができなくなってしまう、ということも覚悟しておかなければなりません。

どの店舗でも時間つぶしができるようなスペースがありますので、少し早めに到着するくらいで問題はありません。
どんな世界でもそうですが、余裕をもって行動しましょう。

キャンセル料について

予約していた時間に行けない場合や、急遽入った予定を優先しなければいけないときでも、キレイモ(KIREIMO)ではキャンセル料は発生しません

だたし、月額制プランの場合はその月の脱毛を消化したことになってしまいます。
9,500円のプラン利用中ならば、それを丸々損してしまうということです。

キレイモ(KIREIMO)の月額制プラン利用中は予約厳守となるので、スケジュールを慎重に組むようにしましょう。
かなり大きな損をしてしまうので、くれぐれも遅刻はしないように心がけたいですね。

一方、回数制プランの場合は前日までに予約キャンセルの連絡を入れればキャンセル料は発生せず、回数を消化してしまうこともありません

急な予定変更の多い仕事に就いている方は、回数制プランの利用がおすすめです。

[最終更新日]2015/10/21

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ